トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

C#/Tool/WTSLogger

一部の情報は非常に古いもの(20年以上前〜)ですので、利用する際はご注意ください(Java 1.4 とか .NET 1.0 とか、Windows 2000 とか)
お問い合せは wiki@shise.net まで。Gmail に転送されるので、スパムは全部カットされます。


 

ターミナルサービスにログインしてきたユーザのクライアント側のIPアドレスを表示するツール

まんまです。
C# で WTSQuerySessionInformation を叩いて、現在のカレントユーザの ClientAddress の情報をもらって画面に出します。
コンソールアプリです。

オプション:

-log <filename>   標準出力ではなくファイルに書き出します。
-date             日付を先頭に付加します。

 使用例

WTSLogger -date -log %USERPROFILE%\iplog.txt

出力結果例:

[2009-07-15 14:50:40]   192.168.3.51

日付つきでユーザプロファイル(XP、2003 なら C:\Documents and Settings\username )以下に、iplog.txt というファイル名でログを書き出します。

グループポリシーのログインスクリプトあたりに組み込むと、いい感じに使えるかも。
試してないけどな。


ちなみに、この API で取れるのは、クライアントがサーバに接続するのに使った、クライアント側の IP アドレス。
つまり、クライアントが持っている IP アドレスのうちのどれかが取得できる。はず。


あと、スタートアップに入れると、ユーザ側でスタートアップをキャンセル出来るため、情報が記録されない可能性がある。たしか。
また、Citrix の公開アプリケーションだと、スタートアップのアプリは起動しない。このスタートアップは、Explorer の機能だからだ。公開アプリケーションモードでは Explorer が起動しないため当然といえば当然。

ログインスクリプトなら必ず実行されるし、Citrix の公開アプリケーションであっても必ず実行される。


ダウンロード


.NET Framework 2.0 以上で動作します。

バイナリダウンロード
プロジェクトダウンロード